インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2018年07月06日

『ムーンワールド』7月号 読みどころ紹介①
「ようこそ先輩!」
「音楽大学の電子オルガン科に通う3万双祝福家庭二世から、小学生の後輩たちへのメッセージ」

 

 

私は3歳から音楽教室に通い始め、小学生から本格的に電子オルガンを習い始めました。

その頃はいつも怒られていて、「自分に才能はない」「すぐにやめてやる」と思っていました。

ですが、母が私のことをいつも褒めてくれ、

父が私の演奏を楽しみにしていると言ってくれたおかげで、

大学生になった今でも音楽を続けています。

「音楽って、自己満足なんじゃないか?」と思っていましたが、

「自分のためではなく、誰かに喜んでもらえるように、

私をここまで信じてくれた両親のために、

そして、この場を与えてくださった神様のために演奏しよう」

と思えた日から、自分の中で音楽に対する考え方が変わりました。

そして、「私でも誰かのためにできることがあるんだ」と思えたとき、

今まで以上にやる気が出るようになりました。

私が皆さんに伝えたいことは、「一人一人、何かしらの才能を与えられている。

それをほかの人のために生かすことが、神様を喜ばせる最高の親孝行」ということです。

私はそれが音楽でした。私が演奏した後に、

とても喜んでくださるお客様を見たとき、私もとてもうれしくて、

「きっと神様も喜んでおられるんだろうな」と感じます。

神様に与えられた才能を自分の中に探して、

その才能をほかの人のために生かせる子女となれるように、一緒に頑張りましょう。

私も、もっとたくさんの人を喜ばせ、神様をもっともっと喜ばせる演奏ができるように、

日々努力し続けていきます!

 

戻る