インフォメーション

印刷

  • LINE@光言社情報

2018年05月09日

「祝福家庭」88号(2018年春季号)読みどころ紹介④
自叙伝・小山田秀生先生3
「43双祝福、永遠の相対者と出会う」

 

 

カップリングにご苦労される真のお父様

 そこでの講義を終えて、私が新宿に戻ったのは午後4時過ぎでした。そのとき、「ちょっと時間があるな。映画でも観て帰ろうか」と思ってそのように行動していたならば、私は、43双の祝福を受けられなかったと思います。

 私は「祝福のために、先輩たちが深刻になっているだろう。後学のために帰ろう」と思い、旧松濤本部に戻りました。そして二階の礼拝堂に行くと、先輩の男性たち20人から30人が深刻な顔で待機していました。驚いたことに、30歳以下の櫻井設雄さん、井上忠之さんがマッチングを受けていたのです。「あれ?」と思いながら礼拝堂に行ってみると、中は人でいっぱいでした。

 そこで、近くにある別の館で「夕食でも頂こうかな」と思っていると、突然、松本道子ママが「小山田さんは、いるか?」と私を呼ぶのです。そのときは、まさか天が私を祝福の対象者にされるとは思いもしませんでした。

 私には、かねてより「海外宣教に出たい」という夢があり、以前、そのことを久保木会長にお願いしていたので、私は一瞬、「その回答かな?」と思ったのです。そして会長室を訪ねてみると、そこには真のお父様をはじめ、劉孝元先生、崔元福先生、久保木会長が座っておられました。

 お父様は、「今回(祝福を)受けなければ、次に受けてもいいんだよ」とおっしゃいました。私がお父様に、「み意のままに」と申し上げると、お父様は「み意が聞いているんだ」とおっしゃったのです。

 そのときは、祝福の相手として希望する5人の候補者名を挙げることができました。それで私は、思いつくまま、年齢順に対象者となる5人の女性の名前を書いたのです。するとお父様は、「おまえ、やる気がないんだろう」とおっしゃったのです。

 その当時、クリスチャン出身の私にとって、「いかに原罪を脱ぐか」ということが最も深刻な課題でした。

 私は、「地上では目をつぶり、最後に霊界で天国に入る道に行くことができればよい」というようなキリスト教的な観点で祝福を考えていたので、祝福の相手については、「誰でもよい。たとえ、どんなおばあさんでも構わない」と思っていたのです。

 そのため、私はただ年齢順に5人の女性候補者の名前を書き出したのです。その中に「岸本儀子」の名前がありました。お父様は消去法的にご覧になった上で、「おまえ、なんでこの女性を選んだ?」と尋ねられました。理由は特にありません。私は思いつくまま、「(彼女は)私のもっていないものを全部もっています」と申し上げました。

 するとお父様は、「それはそうだ。本人が『イエス』と言うかどうかが問題だ」とおっしゃったのです。「ちょっと待っとれ」と言われたので、私は部屋の外に出て待ちました。そのとき私が思ったことは、「果たして彼女が『イエス』と言うかどうか。断られたら癪に障るなあ」と、正直その程度でした。ところが、彼女が「オーケー」したことでマッチングが成立し、私は「意外なことが起こるなあ」と思ったのです。

 お父様はにこにこして、わざわざ玄関まで私を見送りに来てくださいました。あとで、 お父様が「時間がかかったけれど、決まって良かったね」とおっしゃっていたと聞きました。真の父母様は、一組一組のカップリングをされるのに、本当にご苦労されたようです。特に私たちの場合はそうでした。

 

『祝福家庭』88号のご購入はコチラ

https://goo.gl/1AW92K

『祝福家庭』の定期購読はコチラ

https://goo.gl/syfsXo

 

戻る